ふるさと納税は佐賀県上峰町の返礼品をお申し込みください!

佐賀県上峰町 ふるさと納税返礼品 お米特集
佐賀県上峰町 ふるさと納税返礼品 お米特集 「米の食味ランキング」7年連続特A評価を得た佐賀が誇るブランド米、さがびよりから、皇居の新嘗祭にも選ばれた七夕コシヒカリなどこだわりのお米が揃っています
お米のイメージ写真
「米の食味ランキング」7年連続特A評価を得た佐賀が誇るブランド米
さがびより
佐賀県

「米の食味ランキング」で7年連続特A評価を得た、佐賀が誇る安心・安全なブランド米”さがびより”。「特A」常連の魚沼・新潟こしひかりを超える点数評価で「食味がずばぬけていたのに加え、見た目や香りも良く、非常にバランスが取れていた」と評されました!粒がしっかりしているため旨味が逃げることなく、口に入れた瞬間に広がる甘みとその香りには思わず舌鼓してしまいます。晴れやかな収穫の日を迎えられるように命名された”佐賀の味”は冷めても美味しいのでおにぎり、おにぎらずに最適です。手軽に買える特A米をぜひご家庭でご賞味下さい。

上峰町がおすすめするこだわりのお米をご堪能下さい!

お礼の品をわかりやすく簡単に選んでいただけるように特設ページをご用意いたしました。

上峰町のふるさと納税特設サイト

佐賀県上峰町のふるさと納税特設サイト

返礼品をお贈りしたお客様から応援のメッセージが届いております
ふるさとチョイス自治体への応援メッセージ

ふるさとチョイス自治体への応援メッセージより抜粋

使い道の報告

上峰町初!上峰認定こども園、新築工事始まる

2016年9月28日(水)15時17分

来年4月に開園予定の上峰町初めての幼保連携認定こども園の安全祈願祭を建設予定地で行いました。園を運営する学校法人みどり学園(古賀悦郎理事長)や町関係者ら約40人が出席し、工事中の安全を願った。
  「上峰認定こども園(仮)」の園舎は鉄骨2階建てで、延べ床面積は約1450平方メートル。定員は240人で、3~5歳児180人、0~2歳児60人を予定し、現在同法人が運営している上峰幼稚園と統合する。年齢別に九つの教室を備え、広々としたランチスペースや遊戯室も設ける。入園募集は11月から始める。
「園の建設でこの地に光が当たり、子どもたちが集まる明るい地域になれば」と期待を込めています。

オンライン英会話授業保護者体験会を実施

2016年8月30日(火)12時21分

上峰町はH27年度よりオンライン英会話事業を展開するレアジョブと業務提携し、公立学校で全国初となるオンライン英会話授業をスタートさせました。今年度より「ひかり輝く人づくりプロジェクト」へのご寄附を基に5年生も授業をスタートさせることになり、保護者説明会および保護者体験会を実施いたしました。実際に体験することにより、子どもたちがどんな授業を受けてどんな気持ちで授業を受けるのかイメージができたようです。2016年9月よりフィリピン・カガヤンデオロのコールセンターよりの授業となり、より快適でより質の高い授業が、PCやタブレット端末を通じて英会話を行う事になり、より国際感覚が身につくような人材育成に努めてまいります。

全国初!上峰小学校オンライン英会話授業拡充継続

2016年8月26日(金)10時05分

上峰町はH27年度よりオンライン英会話事業を展開するレアジョブと業務提携し、公立学校で全国初となるオンライン英会話授業をスタートさせました。今年度より「ひかり輝く人づくりプロジェクト」へのご寄附を基に5年生も授業をスタートさせることになりました。フィリピン大学の学生とPCやタブレット端末を通じて英会話をすることによって国際感覚が身につくような人材育成に努めてまいります。

地産地消メニューで子どもたちに笑顔を。

2016年6月20日(月)15時19分

本年度より再開した、給食センターで地産地消メニューを子どもたちに提供しています。月に数回、子どもたちが考えたメニューも給食で提供しています。

上峰小中学校で待望の自校式給食をはじめました!

2016年6月3日(金)16時19分

7年前から上峰小・中学校の給食を民間の業者に委託しておりましたが、保護者からは、「安全な自校式の給食に戻してほしい」、「子供たちに地元 上峰の食材を食べさせてあげたい」という要望が強く、この度、皆様のご寄附をもとに4月7日に自校式給食をスタートしました。

全国初!上峰小学校オンライン英会話授業スタート

2016年5月4日(水)17時01分

上峰町はH27年度よりオンライン英会話事業を展開するレアジョブと業務提携し、公立学校で全国初となるオンライン英会話授業をスタートさせました。今年度より「ひかり輝く人づくりプロジェクト」へのご寄附を基に5年生も授業をスタートさせることになりました。フィリピン大学の学生とPCやタブレット端末を通じて英会話をすることによって国際感覚が身につくような人材育成に努めてまいります。

宝を磨き活かすしごとづくりプロジェクト

2016年4月3日(日)17時24分

本町の特色である豊かな自然環境や文化遺産を保存・継承・活用し、これまで取り組んできた地場産業の振興を推進しながらも、協働による地場産品等のブランド化を目指します。また、企業立地等の推進による新たな雇用など住民が活き活きと活躍できる場の創出を目指します。

地域伝統の米多浮立保存会によってお米ができました

2015年12月20日(日)14時46分

上峰町に350年以上受け継がれる佐賀県重要無形民俗文化財「米多浮立(めたふりゅう)」の天衝舞(てんつくまい)は雨乞いの儀式として奉納されてきました。日照りが続き稲の作柄にも影響がでてくると、降雨を願う雨乞いが行われます。雨乞いの手段である浮立の中でも天衝舞浮立は雨乞いを起源とするものです。今年も天を突き雨を降らせる龍と日・月・星を表した角兜と装束をまとった若者たちが、勇壮に舞い地域に受け継がれています。
そんな米多浮立保存会がみなさまより頂いた寄付金を活用されお米をつくられました。名づけて「天衝米」。味はもちろん粒の形や色にいたるまで、十分納得のいく自信作です。御贈答用に稀少な300セット限定で掲載しております。地域が豊かになるよう祈念する浮立の本来の目的を取り戻し、農家の皆さんが自らのお米に自ら値段をつける自立の一歩を踏み出しはじめています。

地域伝統の米多浮立保存会によってお米ができました

2015年12月4日(金)21時41分

上峰町に350年以上受け継がれる佐賀県重要無形民俗文化財「米多浮立(めたふりゅう)」の天衝舞(てんつくまい)は雨乞いの儀式として奉納されてきました。日照りが続き稲の作柄にも影響がでてくると、降雨を願う雨乞いが行われます。雨乞いの手段である浮立の中でも天衝舞浮立は雨乞いを起源とするものです。今年も天を突き雨を降らせる龍と日・月・星を表した角兜と装束をまとった若者たちが、勇壮に舞い地域に受け継がれています。
そんな米多浮立保存会がみなさまより頂いた寄付金を活用されお米をつくられました。名づけて「天衝米」。味はもちろん粒の形や色にいたるまで、十分納得のいく自信作です。御贈答用に稀少な300セット限定で掲載しております。地域が豊かになるよう祈念する浮立の本来の目的を取り戻し、農家の皆さんが自らのお米に自ら値段をつける自立の一歩を踏み出しはじめています。

地域伝統の米多浮立保存会によってお米ができました

2015年11月30日(月)20時03分

上峰町に350年以上受け継がれる佐賀県重要無形民俗文化財「米多浮立(めたふりゅう)」の天衝舞(てんつくまい)は雨乞いの儀式として奉納されてきました。日照りが続き稲の作柄にも影響がでてくると、降雨を願う雨乞いが行われます。雨乞いの手段である浮立の中でも天衝舞浮立は雨乞いを起源とするものです。今年も天を突き雨を降らせる龍と日・月・星を表した角兜と装束をまとった若者たちが、勇壮に舞い地域に受け継がれています。
そんな米多浮立保存会がみなさまより頂いた寄付金を活用されお米をつくられました。名づけて「天衝米」。味はもちろん粒の形や色にいたるまで、十分納得のいく自信作です。御贈答用に稀少な300セット限定で掲載しております。地域が豊かになるよう祈念する浮立の本来の目的を取り戻し、農家の皆さんが自らのお米に自ら値段をつける自立の一歩を踏み出しはじめています。

自然環境並びに地域文化伝統の保全

2015年11月30日(月)0時20分

豊かな自然環境の保全や地域の宝である文化遺産の保存・継承・活用をはじめ、様々な環境問題への対応、地場産品のブランド化などを町民のみなさまとの協働のもと積極的に推進します。

寄附金の使い道について

上峰町では、みなさまからいただいた寄附金を積み立てる「上峰町ふるさと寄附金基金」を設け、4つの使い道の中から寄附者さまが指定された取り組みに沿って、有効に活用させていただきます。

1.ひかり輝くひとづくりプロジェクト

1.ひかり輝くひとづくりプロジェクト

地域づくりを担う人材として各分野で活躍できるように、活動の場や学びの場を整備し、活用することで人材の育成を目指します。また、国際化に対応するための教育環境の整備にも取り組み、国際感覚が身につくような人材の育成を目指します。

2.ずっと住みたいまちづくりプロジェクト

2.ずっと住みたいまちづくりプロジェクト

本町の各種産業がより発展していくような交流活動や情報発信拠点を整備し、県内外からたくさんの人が訪れるような魅力あるまちづくりを目指します。また、地域ぐるみで子育てができ、いつまでも健康で、防災環境の整った安心安全な暮らしができるようなまちづくりを目指します。

3.宝を磨き活かすしごとづくりプロジェクト

3.宝を磨き活かすしごとづくりプロジェクト

本町の特色である豊かな自然環境や文化遺産を保存・継承・活用し、これまで取り組んできた地場産業の振興を推進しながらも、協働による地場産品等のブランド化を目指します。また、企業立地等の推進による新たな雇用など住民が活き活きと活躍できる場の創出を目指します。

4.町長おまかせ

4.町長おまかせ

みんなでつくる元気創造拠点・上峰を目指し、1~3の事業を含め、町長が必要だと判断するものに活用させていただきます。

自然が多く、星が綺麗で時間がゆっくり流れるまち上峰へぜひお越しください
みんなでつくる元気創造拠点・上峰 上峰町 Kamimine Town

佐賀県上峰町役場
まち・ひと・しごと創生室

〒849-0123 佐賀県三養基郡上峰町大字坊所383番地1

TEL:0952-55ゴーゴー-7240 FAX:0952-52-4935

電話番号のお掛け間違いにご注意ください

Copyright(c) Town Kamimine. All Rights Reserved.